連帯債務【れんたいさいむ】



住宅ローンなどを借りる際に、複数の債務者が連帯して返済義務を負うことをいいます。
夫婦などが収支を合算してローンを組むとき、一方が主たる債務者となり、もう一方が連帯債務者となる場合があります。返済期間中、金融機関(債権者)はどちらに対しても返済の請求ができます。これに対して、連帯保証の場合には、主たる債務者が返済不能になった場合にのみ、連帯保証人に返済義務が生じます。
連帯債務者とするか、連帯保証人とするかは、金融機関や融資の種類によって異なります。


◆SPONSOR LINK◆

  • 一戸建て 愛知
  • 福岡 建築家
  • SUB MENU

    おすすめサイト